契約者様専用ページ ログイン

Health and Productivity健康経営ストーリー

健康経営への道のり

健康経営優良法人2021

取り組みのきっかけ・目的・方針

従業員を募集してもなかなか採用までには至らないのが、弊社の長年の課題でした。「この会社で働きたい」と思えるような職場環境作りが大切だとずっと思っていました。また、事務所内で複数人がインフルエンザに感染し、感染症対策や日頃の体調管理の重要さを痛感していました。

そんな時に、顧問の社会保険労務士から、2017年から始まった「健康経営優良法人」制度の話を聞きました。

健康経営とは、「社員の健康=経営のメリット」。従業員が健康で気持ちよく働くことが、企業の生産性向上につながるという考え方です。今まで聞いたことのなかったアイデアでしたが、我が社の悩みを解決できる重要な取り組みだと実感し、認定に向けて挑戦することになりました。

スタート

第1回認定は終わっていたので、第2回認定を目指すことにしました。2017(平成28)年10月13日、協会けんぽ千葉支部に「健康経営の推進による健康な職場づくり」に積極的に取り組むことを宣言し、同年10月23日に認定書をいただき、我が社の健康経営への取り組みがスタートしました。

体制

健康管理士一般指導員(健康管理能力検定1級)の資格を取得している健康づくり担当者が中心となって、病気のことやそれを予防するための実践的な運動、食生活の管理など毎日の健康管理に必要なことを定期的に発信、アドバイスできる体制をとっています。

目標

当社が理想的な姿として掲げている「社会に通用するいい会社」「従業員が生き生きと働けるような職場環境を通して、生産性向上につなげる」を目標に健康経営に取り組んでいます。

現在・結果

具体的な取り組みも年々増えてきており、毎年少しずつですが、健康経営は確実に浸透してきていると思います。第2回認定の2018年から2019、2020、2021年と4期連続認定となり、社員の健康に対する意識、モチベーションも高まってきています。認定取得を目的として始めた健康経営ですが、この活動が本業の役に立っていると実感できますので、引き続き取り組んでいきたいです。

具体的な取り組み

最初の取り組み
  • 宣言書の掲示
    事務所内やホームページに掲載し、この取り組みを始めたことをメンバー全員に認識してもらうことから始めました。
健康宣言以前から実施
  • 定期健康診断受診料の会社補助
  • 心身の健康増進を目的としたヘルシーなランチ会
2009(平成21)年
  • マスク・アルコール消毒液の設置
    新型インフルエンザ(豚インフルエンザ)の流行により、会社入り口に設置しました。
2010(平成22)年
  • 社内全面禁煙スタート
2016(平成27)年
  • 「メンタルヘルス不調者に係る休職復職規定」の策定
  • 健康宣言以前の取り組みで、会社規則、規定として整備できていなかったものがあれば、改めて通達、就業規則として整備
2017(平成28)年
  • ワークライフバランスの取り組み
  • 健康管理能力検定2級3級合格
2018(平成29)年
  • インフルエンザ予防接種の会社負担開始
  • 健康管理士一般指導員(健康管理能力検定1級)合格
  • 健康管理士一般指導員資格を持つメンバーによる全体会議における健康コーナーの実施
  • 協会けんぽ健康増進プログラムの開催
2019(平成30)年
  • 日本健康マスター検定エキスパートコース3名合格
2020(令和2)年
  • 事務所の移転
    駅近で見晴らしが良く、皆がここで仕事をしたいと思えるような職場環境に、少しは近づけることができました。
  • リフレッシュスペースでの健康飲料の提供開始
2021(令和3)年
  • ストレスチェック制度開始
    実施事業者と契約を結び、50名以上の会社に義務付けられているストレスチェックを開始しました(従来は厚生労働省の「こころの耳」ポータルサイトを利用)。

\「話を聞いてみたい」と思った方はこちらから/ あなたからのご応募お待ちしています!